新幹線の回数券を使って現金化!最も安全な方法を紹介

よく金券ショップなどで、「クレジットカード現金化」の文字を見ることがあるかと思います。

怪しい看板も多く見られるため、あまり近づきがたいイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、実際はそうではない業者もいます。

今回はクレジットカードの現金化について、最も安全な現金化方法について紹介していきたいと思います。

これであなたも現金がないことで大事な機会を喪失することがなくなります。

新幹線の回数券でクレカ現金化ってどうやるの?

今回ご紹介する方法をおおまかにいうと、JRのみどりの窓口などで購入できる新幹線回数券を購入し、それを金券ショップにて売るという方法です。

まず最初に金券ショップに相談するのが良いでしょう。

相談する際、やはり店先などに「クレジットカード現金化」の文字が表示されているところを選んだ方が良いです。

お店を選定したのち、店員に相談します。

相談した際、新幹線回数券以外の方法で現金化の提案をされた場合はお断りをしてください。

なぜかというと、クレジットカードを使用した際、使用した店舗等の情報は必ずクレジットカード会社に送信されます。

クレジットカードにて金券を購入する行為は基本的に禁止されており、もし金券ショップでクレジットカードを利用したという明細がクレジットカード会社に知られた場合、結果として利用停止などの処分を課せられる可能性があります。

そのため、再度言いますが、新幹線回数券以外での方法で現金化を提案された場合は、お断りをしてください。

新幹線回数券購入での現金化提案を受けたら、必要金額を聞かれます。

回数券ということもあり、区間がまず決まっており、その区間ごとに金額が決まっているからです。

例として、2万円必要ですと伝えると、店員からは東京-熱海間の新幹線回数券を購入してきてください、と伝えられます。

購入する区間が決まれば、あとは決まった区間をみどりの窓口で購入しに行きます。

新幹線回数券は窓口購入はもちろんできますが、クレジットカードが使用できる自動券売機でも購入することが可能です。

自動券売機の操作方法が若干わかりずらいですが、誰とも話すことなく回数券を購入できるため、おすすめです。

回数券を購入後、再度金券ショップに持っていき、内容を確認の上、現金が手渡されるという手順になります。

新幹線回数券での現金化の魅力とは?

新幹線回数券での現金化のメリットは2つです。

  1. 新幹線回数券を購入するだけで現金化することができる気軽さ
  2. クレジットカード会社に怪しまれない

ということです。

特に2つ目は、他の方法で現金化をする金券ショップ等もありますが、場合によっては内容が知られてしまい、先ほどお話したとおり、利用停止にされてしまうこともあります。

緊急時の対応として、一時的に現金化しただけなのに、結果的にそのカードについては使用できなくなってしまうというリスクを負うのは方法としてあまりおすすめできません。

現金化する際は、かなず新幹線回数券を購入する方法で行いましょう。

デメリットとしては、換金ギャップが大きいということです。

季節変動や行楽シーズン等で換金率は変動していくようですが、大体80%~85%ぐらいで見てもらったら良いかと思います。

10000円の現金を欲しいということであれば、だいたい12000円分ぐらいの新幹線回数券を用意しますが、50000円の現金が欲しい場合、62000円分ほどの回数券が必要となります。

現金化したい金額が大きくなればなるほど、換金率によって損をするケースが多くなります。

ほんとうに今現金がほしいという方については、換金率をあらかじめ金券ショップの店員さんに確認し、換金率を加味しても今が大事という方は、新幹線回数券を現金化することをおすすめします。

まとめ

今回は、新幹線回数券を現金化する手順とメリット、デメリットを紹介させていただきました。

本来クレジットカードを現金化することは禁止とされていて、現金化する際ある程度のリスクとデメリットが存在します。

リスクについては、本記事を読むことであらかじめ想定できますので、ぜひご一読していただき事前にリスクを低減してもらえればと思います。

デメリットの部分は本人の意思が大きいです。

今本当に現金が必要かを深く考え、現金化することをおすすめします。